S-8 の 部屋

S-8 の 部屋




 ガレージマンのプロフィール

ハンドルネーム

”メグロワークス”

現所在地

大阪

家族

妻1子2バイク3

仕事

チャボリーマン

バイク歴

34年

年齢

うちのS−8より一歳年上

メグロ以外のバイク

ヤマハ・XS250SP/RX80SP


 うちのS−8プロフィール

登録車名

”メグロ”ジュニアー:S−8

主要諸元

メグロの小部屋:250cc・S−8ジュニアでどうぞ

現所在地

大阪

車体番号

S8−64−5053

状態

現在、月一のツーリングができる程度
(只今 絶好調〜笑!)

メグロ歴

26年

メグロを買った理由

エストレヤの金額で本物が欲しかった

購入状況

雑誌を観て、福島県の方から購入
その人曰く「レストアを持て余した」との由
着いて開けたらビックリのバラ!
幸い欠品は少なくメッキなどは処理済み
(肝心なメインキーが無いのには困った!)

レストア状況

1・ひたすらフレームを磨いた(とにかく汚い!)
2・エンジン腰上を仮組して悦に入る
3・電装のチェックと資料集め
(徳島のヨシカワ様、東大阪の門脇様
お世話になりました)
4・とにかく組み立ててみた(ほとんどプラモデル!)
5・燃料タンクの防錆処理をする
(室内で作業したらクリームが布団に・・・)
6・とりあえず組上がりエンジンをかけてみた
7・なんと!動く!回る!走る!
簡単に息を吹き返してしまったS−8くんでした

拙S−8を動画でどうぞ〜♪






◎ ただいま「S−8メンテナンス」を公開しています。

 みなさまから特に質問の多いメグロのメンテナンスについて、
 うちのS−8をベースに参考紹介します。

◎ 内容は、    
 ・うちのS−8で使っているエンジンオイル、点火プラグ、バッテリー、添加剤    
  など消耗品。
   
 ・各種オイル交換の方法、ポイントやダイナモなど電装のメンテ方法。
   
 ・その他使っている電球類の入手など紹介。

◎ S−8以外のメグロ車でも同じかヒントにはなる内容かと思いますので、
 みなさんのお役に少しは立てるかなと考えております。

◎ やってることはわたしの独断的判断と経験で行っているメンテナンスです
 ので、場合によってはS−8の仕様に反する用法もあります。

◎ 参考にされる方は各自の判断で行ってください。不具合の発生について
 は責任持てませんのでお願いします。

               それでは「S−8メンテナンス」を宜しくどうぞ!

 S−8メンテナンス (点火タイミングの調整)


今回のテーマは、点火タイミングの調整です。

長期休暇を利用しての遠乗ツーリングを計画されてられる御仁も多いかと存じます〜
さて、折角に出掛けた先にてエンジン不調のアクシデントは嫌なものです。
最近お問い合わせの多い点火タイミングの不調に因る場合も、
メグロ車のような'60年代モデルバイクではよく在る事象です。
そこで拙S−8の点検も兼ねて、点火タイミングの調整を実践紹介申しましょう〜♪

先ず今回は実践に先立ち、
調整に便利なタイミングチェッカーを電気工作で用意いたします。
基本的な回路構成は此方〜


小学生の理科実験で作る程度の簡単なモノ!
電池と豆電球で回路を構成する途中を切り離して、
其処に調整箇所へつなぐのが容易なようワニ口クリップを付けるのみ。


用意する材料は、
 ・豆電球、ソケット、ハーネス(10〜20cm 程度を2本)
 ・乾電池(1〜2本)、電池ボックス(用意の電池に合せる)
 ・ワニ口クリップ(2個)
ホームセンターで揃います!


回路図に沿ってハーネスをつないで行きます。
ソケットの一端を電池ボックスに、もう一端はワニ口に。


電池ボックスのもう一端と残りワニ口をつないで出来上がり〜♪


乾電池をセットして通電確認!
ワニ口同士をつなぐと・・・


豆電球が点灯して確認OK♪
今回は簡易工作で用意しましたが、バイクメンテに手馴れた御仁なら、
手持ちの余ったバイク電装品から流用工作(ウインカー球やテール球)も問題ないです。
またタイミングチェッカーとして以外にも、
簡易な通電、絶縁の確認チェッカーとしても利用できますので、是非にご用意!

準備が整ったら先ずはポイント点火位置の確認から!



エンジン左側のクランクケース部に在るプラグキャップを外します。
そして、変速シフトを4速に入れて点火プラグを外して置きます。



クランクケースのプラグ孔を覗き視ながら、後輪を廻してピストンをクランキングします。
すると、クランクウェイトに在るマーキングが現れる箇所が在るので、其の位置で止めます。
この位置でピストンは上死点前5°に在ります。



或いは、エンジンの点火プラグホールから結束バンド等を差し込み、
ピストンが下からせり上がって止まる当たりでも上死点を探ることができます。

この際、注意点としてクランク軸は二回転でポイント軸一回転と為りますので、
圧縮点火タイミングの上死点と、排気タイミングの上死点を誤らぬように確認をします。
点火タイミング調整際の上死点は「圧縮〜爆発」の間ですのでご注意を!
エンジンヘッドカバーのタペット調整窓から視て、吸排気のバルブの状態で判断します。





僅かに後輪を廻して、マーキング位置の前後で吸排気のバルブが開閉する動きを示せば、
「排気〜吸気」の間の上死点です。



マーキング位置の前後に変化が無ければ「圧縮〜爆発」の間の上死点です。

上死点位置が定まったところで、ポイントの調整に入ります。



現状位置の記録としてステーターベースの位置をマジックインキ等でマーキングして置きます。
これで万が一、セッティングで迷いが生じた際に元へ戻すことができます。

・・・っとその前に、ポイントギャップの適正化を行いましょう〜



点火時期に開いた際のポイントギャップ適正値は、
S−8場合で約0.4mm とされて在ります。
なので、セッティング用に紙片でギャップゲージを作り用意します。
名刺1枚分の厚さが約0.35mm とされてますので、
此れに薄紙を足して合せる等で調節します。

・・・っとココで問題発生〜〜





ポイントの状態が悪いですねェ〜
接点面にスパークしてできたと思しきクレーター状の凹凸が!?
此処まで酷いとポイント鑢でも修正ができませぬ〜



視なかった訳には行きませんので、手持ち予備のポイントと交換〜



ハーネスの端子も断線仕掛け〜泣!



ハーネス端子も修正して組直し〜



ステーターベースを外した序に、ガバナの点検もして置きましょう〜
ガバナ軸を廻して進角程度とスプリングの破断変形が無いか診ます。
今回は特に問題は無い様子。



基、ポイントギャップの適正化。
ガバナ軸とカムに穿たれた合いマークを目安に、
そこにポイントのヒールが来る位置がポイントギャップの調整箇所。
ここで開いた接点隙間を合わせます。



先ほど用意した紙片を接点隙間に挟み、ポイント取付ネジを緩めて、
写真:黄線の方向にポイントを動かしてポイントギャップを合わせます。
ポイントギャップが決まれば取付ネジを締めて適正完了。



此れで漸く本題の点火タイミングの調整です〜笑
序章で用意したタイミングチェッカーをセットします。
乾電池を装着して+側をポイントのハーネスに、−側をステーターベースにつなぎます。
ステーターベースにつなぎ難い場合はコンタクトブレーカーケースでも構いません。

此れで、ステーターベースの取付ネジ(写真:黄色丸内)を緩めて、
写真:黄線の方向にステーターベースを動かします。
ポイント接点が開いた状態時では豆電球は点きません。



接点が接触を始めると豆電球が点灯します。
点火タイミングの調整では、上死点前5°で接点が開き始めるよう合わせます。
豆電球が「じわ〜り」と点きだす加減で合わせて、
取付ネジを締めるのが「ポイントで〜す」〜爆!
因みに、取付ネジは旧JISのM5x10なので、
他適用箇所同様に入手できましたら交換されて置かれると良いでしょう〜♪

調整後のインプレッション〜
最近、始動の際に渋ることが在ったのですが、調整後ではあっさり始動♪
アイドリングも安定して、アクセルワークも素直な吹き上がり!
ベンチテストのみなので実際に走行して診なければ為りませんが、
まァ〜結果良しではないでしょうか!?
チューニング場合は数度の調整とテストランで詰めて行けば良いでしょう〜

以上、点火タイミングの調整でした。
近頃走りに元気が出ないメグロ車のオーナー方もお試しあれ〜





次回をお楽しみに!

◎ 「S-8の部屋」のバックナンバーは、こちらからお楽しみ下さい!