更新1件です。 "更新日"をクリックしてジャンプ下さい!! ただいま掲示中!!



刑事番・メグロの米屋

刑事番・メグロの米屋




ようこそ!「刑事番”メグロの米屋”」は、
投稿メールによる御用聞きコーナーです。


◎ メグロに関する近況報告

◎ メグロに関する情報募集
     (車体・部品・メンテ・修理)

◎ ミーティングやイベントの告知・報告

◎ ホームページの感想コメントなど


〜はじめに必ずお読み下さい〜

・当コーナーは通常の掲示板ではありません。
 有名掲示板で発生した様な問題を考慮し、
 「メグロの部屋」にはいわゆる掲示板は、開設しておりません。

・当コーナーは、これに代わる情報交換の場として、
 メールによる情報を受付ます。

・HTMLによる掲示のため、
 掲載までには時間がかかります。(約一週間程度)
 ミーティングの告知など、期日のある情報にはお気をつけ下さい。

・自動表示、自動削除ではありません。
 定期的に管理掲示後、過去ログ移動させていただきますが、
 希望がありましたらメール末行に掲載希望期日を書き込み願います。

・基本的に、メールの内容をそのまま掲示しますが、
 内容に問題があると視られるメールについては、
 当方の判断により、掲示を致しませんので了承下さい。
 (その場合はメール返信致します)

・当コーナーはHTMLによりますので、写真投稿もできます。
 WEBメールにて受付けて居りますのでデータ容量の大きい写真でも、
 投稿頂けます。
 (写真はJPG/JPEGデータで願います)

・掲示された情報についての利用は、各個人の判断にて活用願います。
 この情報による不利益や損害については一切関知致しません。
 特に物品の交換などについては各当事者間においての責任で、
 交渉下さい。

・有償による物品・サービスなどの仲介斡旋は行いません。
 よって、情報にこれを目的として金額など表示のあるメールについては、
 掲示を見合わせる場合があります。
 (ただし、ミーティングの参加費告知などは、この対象ではありません)
            

〜以上、何卒ご理解とご協力の程、お願いします〜


それでは「刑事番”メグロの米屋”」をご利用下さい

投稿メールはこちらからどうぞ!

下のアドレスをクリックして下さい。
メールフォームが現れますので。項目に沿って書き込み下さい。
後は、普通のメールと同じく送信ボタンをクリック!!

 mail to:  meguro.works.s8@gmail.com

(新規投稿は下方に追加されます)

 過去ログはこちら
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

タイトル
:暑中お見舞い申し上げます:
投稿者    :刑事番:  メールアドレス: meguro.works.s8@gmail.com

 
 
 掲載日:2017年8月1日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・はじめまして、教えて下さい:
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

 S−8を組み立てています。
30年前に分解、後輪のハブ部分の構成が良く分からなくなってしまいました・・・
ベアリングは交換したのですが、
オイルシールが有ったのか?、シムやブッシュが有ったのか???
"記憶にございません〜〜〜"状態です!
構成図など有りましたらお教え下さい。


〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さん、いらっしゃいませ〜

過去に分解されたまんまのS−8を再生との由、ご苦労様です!
バラした際に記録を取ってないまんま放置すると在りがちなパターンですね〜
また部品欠品の個体から再生される場合にも同じような難題に当たることがしばしば。
ま、メグロ車ほどに経時した個体ですと、
以前に弄られた形跡が在るのが殆どかもしれません。
つまりは原型では無いのが普通ですので再生はまさに推理の連続と為ります。

前置きはさて置きS−8のリアハブ構成ですが、
拙刑事番も詳細に分解確認を致したことがないので、
半分は推測としてご承知置いていただけますと幸いです。
S−8のリアハブ構成は、既知で在るメグロ250・S7の継承構造です。
S7の構成図は部品型録として存在しますので、
参考資料としてご覧下さい。



S−8との相違で云えば、細部の寸法と形状が異なる箇所が在ります。
またチェーンアジャストとブレーキパネルアンカーの構造が違いますので宜しく申します。

余談として申しますと、
S系ジュニアのリアはホンダのスーパーカブと同様に駆動系(チェーンスプロケット)と、
ホイール(リアハブ、ブレーキパネル)が分離してあります。
ホイールを外す際はメインスタンドで立て置き、
アクスルシャフトを抜きブレーキパネルアンカーを外し置けば、
車体を横に傾けつつ抜き取ることができます。
リアハブからブレーキパネルを外すには、
#32:アクスルスリーブを留めて居る#48:ベアリングナットを緩め外せば分離します。
このベアリングナットですが、
図で判るように、#34にロックナットが在ります。
「ベアリングは交換した」由、ことなのでお判りとは存じますがS−8のリアハブでは、
左右に#38:テーパーローラベアリング:#30204 が組まれて在ります。
アクスルスリーブにて留める際に#48:ベアリングナットを締め付け過ぎると、
テーパーローラが圧迫されてフリクションが悪く為ります。
組み付けの際にはベアリングナットの締め付けを加減して、
ベアリングの回転が渋く為らないよう見極めつつ行います。
締め付けが定まりましたら#34でロックナットをしてベアリングナットを固定します。
オイルシールはブレーキパネル側に一個、#41:SC36507 が嵌ります。
調整用のシム等は在りませんが、ワッシャやスペーサーは図中を参照して確認下さい。

拙サイト内、

 ・「S−8メンテナンス(リアホイールのタイヤ交換と整備)」

 ・「刑事番・メグロの米屋(2015年の過去ログ)掲載日:2015年1月31日」

此方も併せて参照下さいませ〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年8月9日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・リアハブ構成の件、ありがとうございました:
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

 S−8のリアハブ構成の件、大変参考になりました!
 ありがとうございます。

同車は30年ほど前に入手して分解したものの、
そのまま放置し、昨年より塗装を全部剥離し、塗り直したものの、
シンナーの選択を間違えたりで、フレーム他を再度ブラストで剥離し、
プラサフから吹き直し・・・等なかなか進みません。

タンクは従兄のプロが仕上げてくれて、先日水を張って見ると裏側に2mmの孔!!! 
早速、半田で埋めましたが、
『剥離した時に見て置けば十分熱が掛けられたのに・・・』と、後悔しきりです。

ヘッドライトはリボン放熱のLEDに替え、
フラッシャーは制御盤で使うガラス管ヒューズ用のヒューズホルダーを加工して、
LEDがオリジナルのバルブホルダに付くようにいました。

まだまだ、これからもジグソーパズルを組み立てるような作業が続きます。
また分からないことが有りましたら質問させていただきます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 *S7部品型録は只今取り寄せ中です♪*

〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さんより返礼投稿いただきました〜

S−8復活に向けて数々ご苦労な様子ですね!
早く復活させて愉しみたい気持ちから急いて失態も在ろうかと存じます。
作業の手を一旦休めて、段取りを推考しつつ進めることも肝要です。
加えてのアイディアを盛り込みつつですと尚更ですね♪
もっとも、試行錯誤で出来上がる過程がレストア趣味の醍醐味とも云えます。
焦らず楽しみましょう〜
また何かご質問が在りましたら、当方で判る範疇にてお答申します。

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年8月13日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・シリンダーの互換について:
投稿者    :福井屋:  メールアドレス:

 先日はピストンリングの件について、ご回答ありがとうございました。

今回は、メグロS−8のシリンダーについてご教授願います。

 @ メグロS−8のK5型エンジンに、
   メグロS3のシリンダーを流用する事は可能なのでしょうか?

 A メグロS−8とメグロS3のシリンダーの見分け方についても、
   ご教授頂けると嬉しいです。

以上、宜しくお願い致します。


〜刑事番より〜

 "福井屋"さんより、あらためお尋ねいただきました〜

S−8用とS3用のシリンダ互換性についてのご質問ですが、
タイムリーなことに拙刑事番、常連様の此方 "姫路の松居"さんが人柱に為って
いただいて居られます〜大爆!!

結論から申せば、

 @ 流用してできなくもないですが、状況次第では深い傷を負う羽目に遭うかも???
 A S3(S2)〜S5までのK2、K3型エンジンでは、
   シリンダベースのスタッドが旧JISのM9なのに対し、
   S7以降のK5型エンジンではM8に替えられて在ります。
   なので、シリンダのスタッド孔がS3用は大きく、S−8では小さく為ります。
   位置合わせのノックピン等は在りませんので、S3用を流用際は芯出しが難儀です。

ま、詳しい顛末は松居さんのレポ記事でご覧下さいませ〜

 「姫路の松居のブログ」より、
 ・ 心の傷は深そう、、、、
 ・ やっぱり自爆だと思います

是非にあらため確認下さいませ〜〜〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年8月20日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:S−8・こんなの出てますね:
投稿者    :姫路の松居:  ブログ: 姫路の松居のブログ

 最近放映されているCMですが、ロングバージョンも有りました。

わざわざ錆びたS8見つけてくるなんて、手の込んだことを〜〜〜
メグロが公共のCMに出るなんて珍しいことです! 押さえときましょう〜
特にS8だしね♪

「Amazon Prime CM Motorbike篇 90秒」



〜刑事番より〜

 "姫路の松居"さん、まいどです〜♪

そ〜なんですよ〜〜〜!
最初に観た際は物語の筋に気が行って"良い設定だなァ〜"程度だったのですが、
先日友人から「あのCMってダブワンじゃないの!?」って云われて、
気に為っては居りました。
で、ネット上やSNSでのコメントが「メグロじゃないの!?」って云われ出しましたね♪
先に拝見はして居りましたが、S−8と云われて観れば"そォ〜なのかなァ〜〜〜"
納屋に佇むS−8らしきバイクはウインカーレンズが近いようではありますが・・・
数秒後に出てくるポートレートに写るバイクは更に似ては居ります。
エンジンのタイミングカバーは確かにメグロ250のハート型の様ですし。
ただ写真自体が何だか合成っぽいので「らしい!」程度の感想にしておきましょう〜笑

ま、この件でメグロなりS−8なりが話題に為ることに悪い気はしないのですが、
あまり騒がれない方が、密かに愉しみたい当方には在りがたいなと思って居ります〜爆
ちなみに、孫が乗るバイクはカワサキW400で在るようですね。
ネット上では"カワサキつながりで物語を構成して在るとはセンスが良い"と評判の様子。
流石はネットショップマーケットのグローバル企業のことは在りますね♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年8月25日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:オールドバイク別府in大分県:
投稿者    :オールドバイク綾部:  メールアドレス: john.marston1890.ys@gmail.com

今年で第6回を迎えた「オールドバイク綾部〜ささやかな集い〜」ですが、
この10月に「第1回・オールドバイク別府in大分県〜お前に感謝〜」を開催させて
いただきます。
近畿と九州をバイクで繋ぐ初の試みです!
どうぞよろしくお願い致します♪








〜刑事番より〜

当方もよく参加させていただいて居ります、
バイクミーティングイベント「オールドバイク綾部」ですが、
この10月に大分・別府に於いてミーティングイベント開催の案内投稿を頂きました!
九州のみなさんは基より、近畿、四国からフェリーを利用しての参加にも便利です♪
また近隣にはクラシックバイクの宝庫として知られる 「湯布院・岩下コレクション」も在り、
オールドバイク三昧な一日を愉しまれては如何!

詳しくは写真案内をクリックしますと画像拡大しますのでご覧下さい。
または記載メールアドレスよりお問合せ先("オールドバイク涼風"代表、四方 宛)へ
宜しく申します。

 「オールドバイク綾部」の参加風景は こちら

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年8月29日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:SG・クランクシャフトについて:
投稿者    :コトリ:  メールアドレス:

 こんにちわ。

今度はSGのクランクシャフトについてです。
SGのクランクシャフトを探してますが、なかなか見つかりません!
代用出来るクランクシャフトをご存知ではないでしょうか?
一応、ヨシカワオートさんに修理出来るか尋ねてはいるのですが、
後々の事を考えると、修理した物より交換した方が良いと思うのですが・・・

何か知恵をお借りしたいです、お願い致します。

〜刑事番より〜

 "コトリ"さん、こんにちわ〜

何かと不具合が頻出なようすでしょうか!?
で、今回のお尋ねはクランクシャフトの代用部品を、との由。

結論から申せば、残念ながら可能性は殆ど無いかと存じます。
そもそも、
クランクシャフトのような部品は其のエンジン形式固有の設計で在ることが基本です。
稀にシリーズ機種などで共用化されて在る場合もございますが、
SGで視れば類似機種が無く、もし仮にカワサキ250モデルに流用が在るとしても、
製造時期を考えれば何れ場合も既に40年が経過して居ります。
ですので、在ったとしてもその部品は中古と為りSGの其れと変らない程度のモノです。

修理したものよりは・・・との気持ちも理解はできますが、
未使用新品の部品は望むべくもないかと存じます。
程度の良い中古部品を用意交換するのが現実的でしょうか。
もしワンオフで製作用意することは可能かとは思いますが、
恐らくは10諭吉は下らないかと・・・
但し、修理代も其れくらい為る場合も在るので、一度検討してみる価値は在るやも!?

ちなみに、
代用が利く部品の類を挙げますと・・・

 ・個別の機能部品(キャブレター、ダイナモ、レギュレータ、リレー、スイッチ・・・)
 ・カスタム化可能なユニット部品(ステアリング、ホイール、緩衝装置、制動装置)
 ・メグロ車で視れば、トランスミッション(別体式なので・・・)、エンジンの一部分(ピストン)

もしもエンジン自体が不調を期して在る場合は、
状態の良い同エンジンユニットと入れ替えることも事例としては良く見られます。
但し注意したいのは、この行為は車両改造に当たるので、
自動車登録先の役所に申請手続きを得る必要が生じます。
レストアのスキルを持たない方はできれば、
不調を期したエンジンの対処は専門業者(自動車整備、レストア専業)に、
一任をされるのが適当かと存じます。

以上、参考までに宜しくどうぞ♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年9月3日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:SG・クランクシャフトについて〜経過報告:
投稿者    :コトリ:  メールアドレス:

 大変お騒がせ致しました!

無事、同じクランク1式が見つかりました!
近々、大分は別府まで取りに行きます!
復活も近いです!

〜刑事番より〜

 "コトリ"さん、こんにちわ〜

どうやら交換用に部品入手の伝手が見つかった様子でしょうか。
SG再生の見通しが成ったようで何よりです♪

"大分は別府"と云えば、
先に案内申して居ります こちらイベント が10月8日に開催予定されて在ります。
機会宜しければ是非にどうぞ〜

みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年9月25日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:「メグロS−8用オーバーピストンセット」在ります:
投稿者   :Masahiro:
「メグロS−8用オーバーピストンセット」問い合わせ


 初めまして! いつも拝見させていただいております。

当方、メグロS8に乗っておりまして、
いつも参考に貴方様のHPを拝見させて頂いております。
実は私のS8補修の折、オーバーサイズピストンを製作していただきまして、
4セット作りましたので、3セットを必要な方にお譲りしたいと考えております。
何故多く作ったかといいますと、オーダーが2セットから〜なので、
単価が安くなるし、どうせならと4セット作りました。
セット内容は、鍛造ピストン、ピン、リング、サークリップです。

かかった費用が13.9諭吉なので、
4で割って少し色を付けていただきたいな〜♪ と思います。
如何でしょうか!?




〜刑事番より〜

 "Masahiro"さんより部品提供のご紹介を頂きました。

毎度のお断りですが、当コーナーでは冒頭表記のとおり、
有償による物品・サービスなどの仲介斡旋は行いません。
申し訳ございませんが、特定の商品についての宣伝は差し控えて居りますので
何卒ご了解の程、宜しくお願い申します。

いつも拙サイトをご覧いただけてられる由、ありがとうございます。
主要部品のメンテナンス際ではどうしても交換を要する場合にありがちですね。
ワンオフで用意できる余裕が在るのは理想的ですが、
高額負担や余分に用意する無駄な事例は付き物です。
流行りのシェアで融通し合うのもご時世でしょうね。

今回はみなさまでもお困り事例が多い、
新規作成のメグロS系250cc用オーバーピストンセットと云うことで、
あくまでもご厚意での部品紹介として掲載申します。
ご覧みなさまにて関心や興味を持たれた方が居られましたら、
上記の問い合わせフォームにて直接ご連絡頂けますよう、お願い致します。  
 
 掲載日:2017年9月25日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:トライアンフ・レーサー:
投稿者    : 愛媛松山のトライアンフ馬鹿:  メールアドレス:

 お久しぶりです。
先般よりフルリビルドしていたトライアンフの別体オートレーサーエンジンを、
デッドストック新品のオートレーサー当時フレームに載せて、
一から製作してましたトライアンフ・レーサーが一応の完成を見ました♪
全く自分の好みの作り込みでやりたい放題です〜笑



今夏の神戸のショーに出展してみましたところ・・・・
なんと! COOL PICK賞をいただきました!!















只今、タンクもポリ樹脂製から鉄製に載せ替えて、
いよいよ10/21、22の石川県「千里浜サンドフラッツ2017」サンドドラッグレース!
本番に向け、セッティングや仕様変更しております。





 年に一度のお祭りです、頑張ります!


〜刑事番より〜

 "愛媛松山のトライアンフ馬鹿"さん、おひさです〜

年初に投稿いただいた際に触れてられたトライアンフ・レーサーが完成との由!
トライアンフエンジンのオートレーサーと云うだけでもマストな仕様ですが、
ご自身好みにカスタムされてご満悦なご様子。
更にご褒美とは羨ましいです!
で、今度はドラッグレースで実力発揮と云うところでしょうか!?
砂浜コースでの活躍ぶりも愉しみにして居りますよ〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月1日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・クラッチについてお尋ねいたします。 :
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

S−8の組立は少し進み、エンジンとミッションを乗せました。
そしてクラッチを組んだのですが、クラッチスプロケットナットを締め込むと、
クラッチの回転が異常に重くなってしまいます(手で回すのがやっとくらい・・・)
バックプレートがオイルセットプレートのゴムに押し付けられていて、
そのゴムも劣化で固くはなっているのですが、
このまま回せば摩擦で溶けてしまうと思います。
オイルセットプレートの裏に位置するオイルセットパッキンも劣化でカチカチに
固くはなっていますが、なにかそれだけでは無い様な気がします。
チェーンの通りもクラッチスプロケットの方が、
エンジンスプロケットよりも内側に有るように見えます。
何か見落としている所が有るのでしょうか?
お教え頂ければ幸いです。




〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さんより、S−8再生の経過報告です。

またまた問題を抱えられてられる様子でしょうか?
ご質問との由ですが、文面からでは何ともアドバイスのしようがございません。
拙サイト内、

 ・「S−8メンテナンス 〜資料編〜(トランスミッション@)」

 ・「S−8メンテナンス 〜資料編〜(トランスミッションA)」

 ・「S−8メンテナンス〜資料編〜(クラッチ機構)」

 ・「S−8メンテナンス〜資料編〜(チェーンケース部)」

各ページを参照いただき、組立直して見られては如何かと存じます。
また劣化したパッキン類の再使用は避けられるのが賢明でしょう。
以前に投稿いただいた際に30年前に分解された由ですので、
不足不明の部品はございませんでしょうか?
何分、50年前のオートバイですから故障や修理の経歴が不詳ですと、
部品の流用や組み間違い、組み忘れが在るやもしれません。
とりあえず参考まで。

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月9日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:S−8・Re クラッチについてお尋ね件:
投稿者    :姫路の松居:  ブログ: 姫路の松居のブログ

部品カタログの 資料編、チェーンケース部分 の11番のボルトが干渉してませんか?

このボルトは頭の薄い特殊ボルトですので普通のボルト入れると干渉しますよ!
間違ってたらごめんなさいね〜♪

〜刑事番より〜

 "姫路の松居"さんより"静岡の篠原"さんへ、レスコメントを戴きました〜♪

確かにこの位置にボルトの頭が出っ張ると、接触することが在るやもしれませんね〜
ま、クラッチ軸上の部品構成を再確認されるのが賢明かとは存じます。
とりあえず参考までに、宜しくどうぞ〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月11日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:"姫路の松居"さん、レスありがとうございます :
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

#11・オイルセットプレートボルトの件、ありがとう御座います。
このボルトは純正の頭の薄い物を使っております。
#10のオイルセットパッキンだと思って挟んでいたゴム製の物が、
どうも違う様な気がします。
厚さも在るので、#9のオイルセットプレートが手前に出過ぎてしまい、
クラッチのバックプレートに干渉していると思いまして外してみました。
#10のオイルセットパッキンはコルクだったのか?、と思いました。
が、物が無いので厚さを合わせてパッキン紙で作ってみようと思います。
本来の材質等がお分かりでしたら、お教え頂ければ幸いです。

〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さんより、S−8再生の経過報告です。

先のS−8・クラッチ組み立てでの不都合について、
どうやら#10のオイルセットパッキンに原因が在るように判断された様子でしょうか。
この部品ですが、推測されたコルクシートではなく、6mm厚の羊毛フェルトを用います。
プライマリチェーンケースのミッション軸孔廻りがドーナツリング状の凹みに為って
在るかと存じます。
この凹み形状に合わせて羊毛フェルトのシートを切り出して、
箇所にセットした後にオイルセットプレートで押さえ付けます。
ヨシカワオートクリニックの吉川氏によると、
ゴムシートに替えるオーナー方が多いとの由。
完全密着する状況に於いてはゴムシートの方が密閉性が良くなり、
オイルリークを防ぐのですが、このミッション軸孔廻りはチェーンの張り調整の必要性から
軸位置が移動する為に、ゴムシートではシール性が確保し辛い難点が生じます。
一方で本来の羊毛フェルトはシール性でゴムシートに劣りますが、
軸位置の移動に対し柔軟に追随することで動的シール性では都合が良いようです。
羊毛フェルトはホームセンターまたは手芸用品の置いてある雑貨店(東急ハンズなど)で入手可能です。
または、 ヨシカワオートクリニック にて部品として用意が在るようですので、
宜しければ問い合わせのほど。

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月19日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロSGについて :
投稿者    :fish80:  メールアドレス:

 こんにちは。初めまして。

SGを譲り受けて現在修理中ですが、
自分なりに調べたところおそらく初期型のメグロ寄りのSGだと思っています。
しかし、幾らネットなどで調べても同じ仕様のバイクが見当たりません。
ウインカーが埋め込み式(?)だったり、
フロントフェンダーの風切り(?)が付いていたりします。
当時のオプションでそういったのもあったのかもしれませんが、
自分が産まれる20年以上前の事なので分かりません。
前のオーナーがエンジンを載せ替えてるか、
パーツを組み合わせているのかもしれません。

もし何か分かれば教えてください、よろしくお願いします。








〜刑事番より〜

 "fish80"さん、いらっしゃいませ〜

譲り受けられたSGを再生中との由、ご苦労様です!
さてさてご質問は、このSGの素性を知りたいとのことでしょうか〜

写真で拝見するに、お察しの初期型SGではありませんね〜(残念!?)
確かにタンクバッチは 川航ウイング のブラス製なので、
本当に基からのフェルタンクを装備ならば1965年モデル辺りでしょうか。
決定的に違うのはエンジンが既に改良型を搭載されて在ることですね。
初期型はヘッドカバーの前端にタペット調整孔が在りプラグキャップが付きます。
エンジン写真で視る範囲では其れが見当たりませんので、載せ換えでない限り、
初期型とは云えません。
ウインカーが埋め込み式なのも不思議がられてますが、
これは今までのオーナー方に拠る、改造後付けの他社流用部品ですね。
恐らくは前モデルのS−8辺りをイメージして改造されたのでしょう。
またフェンダー上の風切り板も、
当時はアクセサリーとして後付けされるオーナー方も多く、
此れも今までのオーナー方に拠る改造と見受けます。

ま、期待されてられた稀少モデルとは云えませんが、
SGも既に50年選手の域に達した立派なヴィンテージモデルバイクです。
折角お手元に在るのですから、末永く愛用されては如何かと存じます♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月19日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロSGについて件、ありがとうございました :
投稿者    :fish80:  メールアドレス:

 ありがとうございました。
謎が解けてスッキリしました!

レアモデルかもと助平心もありましたが、
所詮は物であり、逆に目が覚め不思議な愛着が生まれました。
素直にこの巡り合わせを楽しんで大事に乗り継ぎたいと思います。
またいつか乗り継ぐ誰かのためにも・・・

〜刑事番より〜

 "fish80"さんより返礼いただきました〜

だれでも珍しいバイクを入手したら自慢したく為るものです〜笑
ましてやメグロなんか知らない御仁の方が多いですから、
少々のハッタリを噛ましたところで気付かれませんよ〜爆

ま、SG原型からは弄られては在りますが、先日記したように、
既に50年選手の域に達した立派なヴィンテージモデルバイクです。
仰るように愛着を持って接していただければ何よりかと存じます!

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年10月25日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS3のイグニッションスイッチ:
投稿者    :Sbow:  メールアドレス:

 初めまして、"Sbow"と申します。
所有しておりますS3のイグニッションスイッチを捻るとガリガリした感触の抵抗が出て、
全く機能しなくなりました。
手元にSG用のイグニッションスイッチの予備があるのですが、
これをS3に装着することが出来るでしょうか?
やってみれば良いのでしょうが、電気系も疎いため、
皆様のお知恵やご教示を頂ければと、お尋ね致しました。
宜しくお願い致します。


〜刑事番より〜

 "Sbow"さん、いらっしゃいませ〜

イグニッションスイッチと表現されてられますが、
メインキースイッチと解釈させていただきます。
キー操作の際に異状を感じて以降、始動不能に為った由でしょうか!?
ま、旧い機械部品では経時劣化に因る破損は付き物です。
ご質問は其のS3用の代用としてSG用が使えるか否かですが〜
拙刑事番からは、まんまでは難しいかと申します。

S3用キー配線            SG用キー配線


ご覧の通りキースイッチの配線端子に違いが在りますので、
流用できる端子の探査を試みる必要が在ります。
ですので、不用意につないだ際に不都合を生じる恐れがございます。
入手できるのでしたら程度の良い同中古品をネットオークション等にて用意されて、
交換が賢明かと存じます。

もし試された御仁が居られましたら、レスを頂けますと幸いです♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年11月13日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:S3・Re メインスイッチ流用の件:
投稿者    :姫路の松居:  ブログ: 姫路の松居のブログ

S3にSGのキーを使えるかとのご質問ですが、結論から言うと使えません!!

ほとんどの機能は同じなのですが、一つだけ配線が違います。
S7後期型以降の12Vバッテリー点火仕様車では、キーONでコイルに12Vが流れます。
つまり、キーONでバッテリーとコイルがつながります。
S3などのマグネトー点火仕様車では違っていて、
キーOFFでマグネトーの配線をアースに落としエンジンを止めます。
この違いに因ってまんまでは代用できません。
キースイッチの中を開けて加工することは出来ると聞いたこと有りますが、
やったことないです〜
SGとS3の違いはそこだけですので、別のスイッチを付けるとかでもOKかも!?
でもメインスイッチをばらして掃除をすれば治ると思いますので、
やってみる価値は有りますよ♪


〜刑事番より〜

 "姫路の松居"さんより早速"Sbow"さんへのレスコメントを戴きました〜♪

ま、そうでしょうね〜
配線図を比べて視れば、S7初期型6v仕様までのマグネトー点火タイプに対しての、
S7後期型以降の12vバッテリー点火タイプでは回路構成自体が違いますので。
松居さんの云われるようにスイッチ内の回路基板を改造することはできるでしょうが、
手間を考えれば中古同品からチョイスされるのが賢明かと。
中を開けてメンテナンスされてはとのアドバイスですが、
不全に為る兆候を思うに内部破損の恐れが考えられますゆえ、
修理を要する状態に為って在る場合はご容赦を〜

ではでは!  
 
 掲載日:2017年11月14日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:新規プロジェクト:
投稿者    : 愛媛松山のトライアンフ馬鹿:  メールアドレス:

秋を通り越して一気に冬がくるような昨今ですが、
皆様お変わりないでしょうか?

この秋は9月も台風、順延の10月も台風・・・・
結局、今年2017年の石川県千里浜での「サンドフラッツ・砂浜ドラッグレース」は、
中止・キャンセルとなってしまいました・・・残念!
イチから製作して仕上げたトライアンフ・レーサーは、また次回という事になりました〜
まぁ機会があれば どこかで走らせてみたいと思っております♪

さて次なるは・・・・・



縁あって御譲りいただけました、このエンジン! MEGURO:MR型
到着待ちです♪
来たらチェックしましょう〜


〜刑事番より〜

 "愛媛松山のトライアンフ馬鹿"さん、どうもです〜

渚のレースはお預けとの由、残念でしたね〜
その分、来年開催でのレースに乞う期待ですね!
で、気分を切り替えての次なるプロジェクト!?
此れはもうトラのフレームに和製トラツインエンジン搭載で"メグロアンフ"〜笑
此方も出来上がりが愉しみな計画!
続報お待ち申しますよ〜♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年11月14日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・クラッチトラブル解決しました!:
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

 クラッチのオフセットの原因が判明しました〜

Hオイルセットプレートを外し、オイルセットプレートボルトのみ取り付けて、
クラッチを回してみると、Jオイルセットプレートボルトの頭にガラガラと当たりました。
これはカバーが外側に移動していると確信し、良〜く見ると、



Qチェーンケースセットナットを(24)エンヂンプレートに付ける際、
スプリングワッシャを入れて有った為、
このワッシャの厚さ2.4oがクラッチ部分に至っては2〜3倍の開きとなり、
オイルセットプレートが数oクラッチ側に寄って来た為、
クラッチの動きが重たくなったものでした。



早速S/Pワッシャを外し組み直すと、オイルセットプレートとの摩擦も少なくなり解決。
Hオイルセットプレートのゴム部は押さえのスポット溶接を剥がして古い物を外し、
2mmのニトリルゴム板をドーナツ状に切りスポット溶接の代わりに車輛板金用接着剤で
押さえを固定し、反りかえり用に2mmのOリングを挟んで作りました。




図面を良く見ずに組み立てたのが原因です、大変お騒がせ致しました。
また何か分からないことが有りましたらご教示ください。
ありがとうございました。


〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さんより経過報告&解決投稿いただきました〜

問題箇所は意外と盲点かもしれないですね〜
ナットやボルトの締め込み箇所は心情的にワッシャを噛ましたく為るので、
良かれと思って施したのが仇となった様子。
構成図の確認もそうですが、基の状態を分解される際に記録して置くことが肝要ですね!
ともあれ問題解消、お疲れ様でした〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年11月15日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS3のイグニッションスイッチ:
投稿者    :Sbow:  メールアドレス:

刑事番さま、姫路の松居さま。
配線図までお示しの上での早速のご教示、有難うございました。
端子の数が違いますし、やはりそのままでは無理なんですね。
自分の技術ですと、カシメ、ベーク板を痛めそうで、
現在のモノをばらすのは躊躇してしまいます。
しばらく乗れなさそうですが、気長に同型品を探す方が無難ですね。
この度は有難うございました。




〜刑事番より〜

 "Sbow"さんより、あらため投稿いただきました〜

まァ〜無理して分解メンテナンスされても弄り壊すことも在りますからね!
S3用か、流用可能なZ7〜S7前期型(6vマグネトー仕様)までのメインキースイッチは、
気長にネットオークションで出品されるのを待てば出て来ると思いますよ。

その愛車S3の写真も付けていただき、ありがとうございます♪
とても綺麗に乗ってられる様子が窺えますね。
暫しの間は休養と為るのでしょうが、
このオフシーズン中に部品が見つかると良いですね!

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年11月18日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロに適したエンジンオイルは!?:
投稿者    :刑事番:  メールアドレス: meguro.works.s8@gmail.com

 こんにちは〜、刑事番です!

今年も残すところ後僅か。
振り返って残るような出来事は在りましたか〜?
で、例年変わらぬようでも変化は在るものです。
今まで拙サイトにてメグロ車に最適お奨めと紹介致して居りましたエンジンオイル、
BP:バービス コースクラシックがぬゎんと! マサカのハ・イ・バ・ン!!

困りましたねェ〜〜〜
鉱物油ベースで粘度レベル20W60なんてオイルは他に見当たらなかったですから・・・
妥協して10〜20W50辺りでも在りますが、
殆ど合成油ベースなのでメグロ車のような高年式には向きません。
が、そうは云っても居られません!
既存のエンジンオイルから代わりに為るような商品を探しますと・・・



写真のような商品がヒットしました〜
メーカーとしては知られるモチュールのエンジンオイルです。
MOTUL CLASSIC OIL シリーズと云うことで、クラシックカー適用オイルとの由。
幾つか種類が在るようですが、目に止まったのはこの20W50仕様のもの。
コースクラシックと比べると標準粘度がやや低いですが、
普通に在るバイク用の10W40と比べれば条件的に近いうえ、
当然ながら鉱物油ベースなので期待ができそうです。
更に好印象なのが"国際クラシックカー連盟(FIVA)唯一の公認オイル"との由!
そこまで箔付けされて在るなら心配無いか〜笑
しか〜し全てが都合よくはありません〜
標準品の容量が2Lなのですが、此れで4.6野口もします!!
コースクラシックが4L容量で同じ位でしたので、コスト的に倍の値上がり〜難!
走行頻度は低いと云うものの、定期的にオイル交換は必須ですから此れは痛いところ・・・

ま、その程度で躊躇して居ては進みませんので、とりあえずは試用して診ましょう♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




オイル交換は何時ものとおり!
オイルタンク底のドレンボルトを外して排油します。



ドレンボルトを締め戻し、
続いてオイルの銘柄が換わるのでエンジン内部をフラッシングして置きましょう〜
今回も "ZOIL" シリーズから、 フラッシングゾイル をチョイス♪
ドレンボルトを締め戻してから投入。
基本一回ごとに使い切り廃棄ですが、使用済みを濾紙で濾して再使用〜爆
聞こえ良く云えば"エコ"ですが、単に貧乏性なだけか〜笑!



投入してエンジン始動〜
約10分程度アイドリングして暫し待つ!
停止後は直ぐにフラッシングを排油してドレンボルトを締め戻し。

ここで、MOTUL CLASSIC OIL 20W50 ミネラルエンジンオイルを用意〜
モチュールをお使い方はご存知かと思いますが、その注ぎ口の意匠が秀逸!

何の変哲も無い樹脂のキャップですが、
キャップサイドの円弧を立ち上げて引き上げると・・・
下に隠れて在った注ぎノズルが伸びて来るでは有馬温泉〜驚!

この状態でキャップを捻り外せば注ぎ口が出来上がり〜♪
これならば別途に注ぎノズルや、
オイルジョッキの必要がありませんね!




オイルタンクに注ぎ入れます。
容量も2Lで、S−8ならば適用量と合致しますので計量も必要ナシ。
入れ切りでOK〜♪
油質はコースクラシックに比べやはり軽い印象。
粘度の違いは10ポイント程ですがサラサラと流れます。
油色も褐色だったものから見比べると食用油程度に薄く見えます。



最後に何時ものように高性能添加剤"ZOIL"も投入して完了〜♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 さて、交換後の結果インプレ〜

今回は、2017年10月8日に行われた
「(第22回)古き二輪を愛でる會」参加での検証です!
ルートは大阪市街地を抜けてR176から北摂をR477で京都府園部へと進みます。
まず走り出しの印象は油質イメージに沿うように軽い感じ!
アクセルレスポンスがコースクラシックに比べ機敏に為ったように思えます。
それに伴い今まで以上、走りに軽快感が加わったような〜〜〜
但しそれで喜ぶのはまだ早い!?
コースクラシックを適用する以前に用いた10W40のように軽快な印象で在った筈で、
結果として高負荷運転での油膜切れにより圧縮低下と潤滑不具合を起した
苦い経験が在ります。
市街地を抜けるまでに油温が上がった辺りでの印象は!?

一般道の走行とは云え早朝は車の流れも速くハイペースな走りに。
廉価な10W30のようなオイルを使うと、そろそろ熱ダレ症状を期す頃合いですが、
アクセルワークに追従した走りのレスポンスに変わりなし♪
流石はクラシックカー適用オイルを謳うだけのことは在ります!
途中で給油を挟みますが変わりなく順調〜

兵庫県川西市に入り、いよいよ山間走路へと進みます。
途中、川西市街のR173は片側2〜3車線の幹線道路ながら登り勾配一方。
当然に車列の流れも速く拙S−8には酷な状況。
しか〜し、コースクラシック使用時と変わらぬ圧縮感でレスポンスも上々♪
先ずは高負荷走行での対応には問題が無いことを実感!

R477に分岐して進むとゴルフ場の間を縫うように急なコーナリングが続く区間。
アクセルワークの緩急で進みますが従来に変わりない操縦感。
抜けて新興住宅地を縦走するコースは信号でのストップ&ゴー。
アクセルタイミングが悪いとエンジンレスポンスが悪くなる場合が在りますが、
スタートに滞りも無く加速。

妙見山口辺りからは山中のアップダウンに連続コーナリング。
ここでもアクセルワークに追従した走りを継続。
エンジン負荷の変化でも熱ダレ症状に拠る圧縮低下や、
油膜切れに伴うノッキング感も現れず。
とりあえずはメグロ車用の適合オイルとして十分との実感を得ました♪

峠を越えて再び大阪府下に入り、能勢の里山を気分良く抜けるハイスピード直線コース。
加速のレスポンスも機敏でストレス無く走ります!
終盤からの登り〜下りが連続する勾配もシフト操作なくアクセルワークでクリア。
普通に走る分には全く問題ありませんね〜
しか〜し、前日の雨天影響か朝霧が発生のハプニング!?
急激に視界が悪くなりスローダウンして後続車列に先を譲るロスタイム。
先行させた車列の後ろに廻って何とか進行〜

京都府下に入り漸く霧も晴れて、盆地の麓で一旦R372に合流。
ここから暫し開けた田園風景の中を抜けるハイスピード直線コースで加速を堪能〜
数キロ先で再びR477に分岐して登り勾配からのトンネルで峠越え。
何時もと変わらぬレスポンスで走り抜けて園部へ。

市街地に入りコーナリングとストップ&ゴーの街乗りも滞り無く問題なし。
R9と交差して府道19へと進み目的地の日吉ダムへ向います。
この進路も市街地の直線コースから入り、
川沿いから山間の渓流沿いに連続コーナリング。
ステアリングに意識が集中しますがエンジンが快調ゆえに安心して走れます。
日吉ダムへの案内で道を折れ、
ダムサイトから会場と為る スチールの森 京都(府民の森ひよし)へ。
先ずはダム下から一気にダム湖岸の標高まで駆け登り〜
シフトは1速から連続進段トップ4速で登坂。
まんまダム湖岸のワインディングロードを流しますが・・・
ここでまた朝霧が!
安全運転にて会場への登坂導入路へ進めば霧中の"愛でる會"に到着〜



帰路も問題なく無事帰着。



プラグチェックもまずまずな焼け色具合♪
ここで重要な要件と為る漏油と滲み出しの具合を確認〜
全く無し・・・とは申せませんが、合成油使用の際のような酷い漏油は無く、
コースクラシック使用時とほぼ同様。
滲み出しの具合も普通に視られる程度と判断できました。
と、為れば〜
後は、コストパフォーマンス次第か!?
ま、コースクラシックの後継として十分に評価できると感じました〜!



さてさて、本年もご高覧頂きありがとうございました。
引き続き来年も「メグロの部屋」を宜しく申します!

ではでは、"良いお歳を〜"  
 
 掲載日:2017年12月1日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロS−8・ICレギュレーターについて:
投稿者    :静岡の篠原:  メールアドレス:

S−8に使用できるICレギュレーターは有るでしょうか?
有れば、取扱先等教えて頂けますでしょうか・・・


〜刑事番より〜

 "静岡の篠原"さんより、今度は電装系の改善についての問い合わせ。

率直に申しまして、メグロ車の充電系のIC化はお勧め申しません。
四輪旧車も含め、電装系のIC化カスタムが話題に為りますが、
一部のモデルでは専用設計が為されて最適な結果が得られる実例が在る一方、
元々の電装設計がIC化に適さない場合が在るために不十分な結果に終わることも!
もしレギュレーターを半導体化しようとすれば、ダイナモもオルタネータ化する等、
発電機から見直して行く必要が生じるかと存じます。
"篠原"さんの目的は多分、リレータイプのチリル式レギュレータの不具合か、
其れに伴う充電不具合、或いは開放式バッテリーから密閉式(MF)バッテリーへの
更新目論見でしょうか。
IC化でメンテナンスフリーを試みること自体は理解するのですが、
適正に電装設計から行わない限り、実験レベルでのトライ&チャレンジで在ると
ご理解下さい。

当方からご指南できる実例は無いので、
拙サイト常連様方々のお試し実践事例を参照下さいませ♪

 「姫路の松居のブログ」より、
 ・ ICレギュレターのススメ

 「Qガレージ Q車大好き」より、
 ・ ACGで12V化

とりあえず参考まで。

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2017年12月5日 過去ログはこちらからどうぞ♪






◎ トップページは、こちらから戻り下さい!