更新1件です。 "更新日"をクリックしてジャンプ下さい!! ただいま掲示中!!



刑事番・メグロの米屋

刑事番・メグロの米屋




ようこそ!「刑事番”メグロの米屋”」は、
投稿メールによる御用聞きコーナーです。


◎ メグロに関する近況報告

◎ メグロに関する情報募集
     (車体・部品・メンテ・修理)

◎ ミーティングやイベントの告知・報告

◎ ホームページの感想コメントなど


〜はじめに必ずお読み下さい〜

・当コーナーは通常の掲示板ではありません。
 有名掲示板で発生した様な問題を考慮し、
 「メグロの部屋」にはいわゆる掲示板は、開設しておりません。

・当コーナーは、これに代わる情報交換の場として、
 メールによる情報を受付ます。

・HTMLによる掲示のため、
 掲載までには時間がかかります。(約一週間程度)
 ミーティングの告知など、期日のある情報にはお気をつけ下さい。

・自動表示、自動削除ではありません。
 定期的に管理掲示後、過去ログ移動させていただきますが、
 希望がありましたらメール末行に掲載希望期日を書き込み願います。

・基本的に、メールの内容をそのまま掲示しますが、
 内容に問題があると視られるメールについては、
 当方の判断により、掲示を致しませんので了承下さい。
 (その場合はメール返信致します)

・当コーナーはHTMLによりますので、写真投稿もできます。
 WEBメールにて受付けて居りますのでデータ容量の大きい写真でも、
 投稿頂けます。
 (写真はJPG/JPEGデータで願います)

・掲示された情報についての利用は、各個人の判断にて活用願います。
 この情報による不利益や損害については一切関知致しません。
 特に物品の交換などについては各当事者間においての責任で、
 交渉下さい。

・有償による物品・サービスなどの仲介斡旋は行いません。
 よって、情報にこれを目的として金額など表示のあるメールについては、
 掲示を見合わせる場合があります。
 (ただし、ミーティングの参加費告知などは、この対象ではありません)
            

〜以上、何卒ご理解とご協力の程、お願いします〜


それでは「刑事番”メグロの米屋”」をご利用下さい

投稿メールはこちらからどうぞ!

下のアドレスをクリックして下さい。
メールフォームが現れますので。項目に沿って書き込み下さい。
後は、普通のメールと同じく送信ボタンをクリック!!

 mail to:  meguro.works.s8@gmail.com

(新規投稿は下方に追加されます)

 過去ログはこちら
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

タイトル
:S−8・エアインテークパイプのリペア:
投稿者    :刑事番:  メールアドレス: meguro.works.s8@gmail.com

 来室のみなさま、刑事番です。

今年もいよいよ押し迫って参りましたが、みなさま如何お過ごしでしょうか!?
例年に無く自然災害が頻発した一年と為りましたが、
充実したバイクライフを愉しまれた様子でしたら幸いです。

さて、年の終わりは愛車の点検整備で締めましょう〜
拙S−8でと云えば、今年は快調に愉しめたのですが、
流石に愛乗始めてから20年余り、各箇所に草臥れも目立って来て居ります。
で、最近に為って気が付いた草臥れが此方〜〜〜



拙サイト内で紹介申してますとおり、
拙S−8のエアフィルターは純正に代えて、写真のような構成でパワーフィルター化
致して居ります。
キャブレターのエアインテークに塩ビ管のジョイントを介して、
フレキシブルパイプ(洗濯機の排水管に付くパイプです!!)でパワーフィルターに接続。
それ自体に不都合は無かったのですが、ご覧いただけるでしょうか!?
フレキシブルパイプの途中に巻いたビニールテープが〜〜〜

20年も使ってますと、塩ビのパイプも劣化します。
条件的にもガソリン雰囲気で且つ熱源も近いためでしょうか、
パイプの途中が裂けて穴が開いてしまったと云う次第〜

で、その応急処置のビニールテープなのですが、
ご覧のとおり不細工なこと、この上ない!!
と、云うことで〜
重い腰を上げてリペア修繕することにいたしました♪



先ずは取外して分解!
手前のパーツが元部品ですが、20年近く使って来ただけに其れなりの遣れ具合。
一方、奥手に用意した交換用の材料。
フレキシブルパイプは元部品を作った際の残りですが、未使用はこんなに新鮮〜笑
其の左に用意したのはキャブのエアインテーク側ジョイントの交換用塩ビ管。
特に今回、交換する必要も無かったのですが、
写真で元部品と比較するとお判りのとおり、キャブ側の径が大きく為って在るかと〜
元部品を作った際より気に為って居たのですが、折角のアダプタジョイントなのに、
キャブのエアインテークの径より小さかった為につなぐと段が生じて見栄えが悪い!
で、その後に径が揃うサイズの塩ビ管を用意して在ったと云う次第〜
なかなか替える機会がなかったのですが、漸く出番と為りました♪



元部品のサイズに合わせて、
フレキシブルパイプとジョイントの塩ビ管を切り揃えてつなぎます。
パワーフィルターと、其の接続の塩ビ管は元部品を再使用。



パワーフィルターもつないで完成〜♪



早速、車体に取り付けて視ます。
なかなか良い感じ♪
キャブのエアインテーク側ジョイントも径が揃ったので、
前出の元部品取り付け写真と比べて接続部の段差が無くなり見栄え良く為りました〜
フレキシブルパイプもリフレッシュして、あと20年は使えるか!?〜笑
これで気分良く年越しが迎えられそう〜!

さてさて、本年もご高覧頂きありがとうございました。
引き続き来年も「メグロの部屋」を宜しく申します!

ではでは、"良いお歳を〜"  
 
 掲載日:2018年12月15日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
 :メグロS7・
〜プッシュロッドの間にスチールボールがないことに
今頃気がついた残念な私〜:
投稿者    :横須賀のS7:  メールアドレス:

以前、ポイントの流用に付きご質問させていただいたものです。
いつも親身なご回答ありがとうございます。

「メグロS7のクラッチ調整は難しいんだよ……」と、譲って頂いた方にも伺い、
自分でも「あぁでもない、こうでもない・・・」と苦労を重ねております。
ある日、クラッチが切れない調整をしていたとき、
スラストピンの後ろにスチールボールがないことに気が付きました。
 "うぅむ〜これか、原因は!?"
で、探しては見たのですが、玉っころは見つからずじまい〜(泣)

で、お教えいただきたかったのは、ベアリングで代用するものの、
現物を見たことがないのでサイズがわからず悩んでおります。
プッシュロッドは7Φだと思いましたが、
そのくらいの直径のベアリングで宜しいのでしょうか。
皆様はどのくらいのサイズのベアリング玉をお使いでしょうか!?
お教えいただけますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
〜横須賀のS7


〜刑事番より〜

 "横須賀のS7"さん、こんにちは〜

ご無沙汰ですが、S7メンテにお励みな様子でしょうか。
さて、クラッチプッシュロッドに挟まるスチールボールの件。
拙サイトでも幾度か紹介申して居りますが、そのサイズの記載は無かったかな!?
拙刑事番もやや健忘症ゆえ(爆!)記して置きましょう〜

確か汎用の鋼球で、インチサイズ1/4"(約6.4mm径)で良かった筈。
密林さんや物太郎さんの通販でも用意が在りますが、
自転車のステアリングパーツ扱いでも入手可能です。
一個在れば十分ですが、他にも適用箇所がありますので、
10個入りなどで用意されて置かれても良いかも。
拙刑事番も東急ハンズで安く用意して常備申して居ります。

とりあえずご参考まで〜
もしご覧方で情報をお持ちでしたら、こちら刑事番まで宜しくどうぞ〜♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2018年12月20日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:メグロSG・白煙対策しました!:
投稿者    : new:  メールアドレス:

 "new"です。
本年は、奈良や京都では大変お世話になりました!

私のSG「ツーサイクルだっけ?」と言われるほど白煙バリバリ〜!
今まで走行距離1qあたり1tのオイル追加、200q走れば200t追加です!!
2サイクル車よりオイル食ってる?(笑)

このままでは・・・っと、重い腰をあげ白煙対策を行いました♪
エンジン、開けてびっくり玉手箱!?



 ピストンは傷だらけ! これはもはや“お前はすでに死んでいる”状態〜爆!



 シリンダーも同様です!



 ヘッドはカーボンびっしり!! 特に排気バルブ(写真右)にはてんこ盛りで〜す!

この状態でよく奈良・京都に行ったものだ〜(大爆) くわばらくわばら〜〜
ヘッドカバーを除いて、ピストン・シリンダー・ヘッドを予備部品と交換です。
 (写真撮り忘れ)
ピストン・シリンダーはきれい状態なのでそのまま使用し、
ヘッドは念のためバルブの擦り合せを行って組み上げ完了です♪
多少白煙を吐きますが、マフラー内の残留オイルが燃えているかな!?
で、今のところ良好で〜す!

ところで、
たま〜に、スタート時にエンストします。
友人の話では、アクセルオンでスロットルスクリューが僅かに動いている!?
 ⇒ボデーのネジ山に傷みがあり、それで動くことでエンストするのでは!?・・・とのこと。
貴殿のミクニキャブVM24ではいかがでしょうか?
このスクリューは本来動いてはいけないものでしょうか???〜謎!


〜刑事番より〜

 "new"さん、まいどです〜

今回は愛車SGのメンテナンスレポートです。
確かに結構な白煙走行をされてられましたが、本当に"開けてビックリ!"でしたね〜
ピストンの具合から診て焼付き寸前ではないでしょうか!?
余程にオイルの加減が良かったのか、ラッキーでしたね!
拙S−8ではもっと軽微な傷加減で焼き付きました〜
スペアパーツで更新処置をされた由、これでひと安心ですね♪

さてスタート時のエンストの原因は!? とのお尋ねですが〜
スロットルスクリューの影響ですか?
当方はあまり気に掛けたことがございませんが〜
教習中の初心ライダーが急なクラッチ開けでエンストってパターンはありますが、
(失礼!それはありえませんが〜)
考えられるのはガソリン供給の不足、あるいは混合気バランスの不安定でしょうか。
スタート時に急なアクセル操作を行った際にガソリンの供給が追い付かないと、
急にプッスン行くことがあります。
原因とすれば、
フェルタンク給油口キャップの気抜き孔塞がりか、フェル経路の狭窄あたりでしょうか。
混合気バランスの不安定と云うのは、
スローあるいはアクセルオープンではセッティングバランスが整って在るのですが、
加速時でのセッティングが拙い場合です。
主な原因とすればキャブレターのニードルフォルムが合って居ない場合でしょうか。
対策としては、
ニードルジェットのクリップを差し替えて位置を上下に動かし診てマッチさせる、
またはキャブセッティングキットのニードルジェットで差し替え診てマッチさせる、など。
ただ、キャブボディー自体も経年劣化しますゆえ、思わぬ変形や摩耗に起因することも。
簡単な対策としては、アイドリングをやや高い回転(1000rpm)にして置くと、
スタート時のエンストは起き難く為りますゆえお試しのほど〜

新年も機会が合いましたら是非ご一緒いたしましょう〜

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2018年12月27日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
:あけまして おめでとう ございます:
投稿者    :刑事番:  メールアドレス: meguro.works.s8@gmail.com



 謹賀新年「メグロの部屋」来室御礼申し上げます

何卒 今年もご贔屓の程宜しく申します
 
 
 掲載日:2019年1月1日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
 :メグロSG・点火時期調整についてコツを教えてください:
投稿者    :脱ビギナーまでまだまだ:  メールアドレス:

 初めまして、いつも更新楽しみにしております。

今回初めての投稿です、近くに聞ける人がいないため教えてください〜
S−8・点火タイミングの調整(実践〜)を参考に、
SG初期の点火時期調整を行なっているのですが、
上死点に合わせた後、
写真の軸のマークにガバナーの溝を合わせ(黄色の丸)接点の調整を行い、
初回エンジンは一発始動しアイドリングまで問題なしなのですが、
その後、アクセルを回すとストールしてエンジンが止まってしまいます・・・
また、その後は一発でかかったのが嘘のようにエンジンはかからず、
ガバナーの方の溝は写真の赤色印のところに動いています〜???

何が正解かわからず、誰に聞いたら良いかわからず、
御指南お願いしたく投稿しました!
お手数ですが、御指南のほどよろしくお願いいたします。




〜刑事番より〜

 "脱ビギナーまでまだまだ"さん、いらっしゃいませ〜

いつも更新を愉しみにされてられる由、ありがとうございます♪
拙刑事番からも何卒宜しくです〜

さて、SGの点火タイミングの調整が拙いとの由。
先ずですが、整備前の様子として一応は正常稼働状態でしたでしょうか?
もし不調が無い(軽微な問題は無視)様子でしたら、
整備前の状態に戻し視てください。
復調するようでしたら、あらためて手順で整備を進めて診ましょう。
もし整備前から作動不全(始動困難など)でしたら、
貴兄のSGに問題を抱えて在ることが思われます。
貴兄のコメントから、
始動後アイドリングまでは問題なく、アクセルを回すとエンジンがストール、由。
思われる要因として、
 ・ガバナーの機能不全(ガバナースプリングの破断、外れ、伸び)
 ・ガソリンの供給不足(刑事番・2018年12月27日付け参照)
貴兄の見立てでは、ガバナ軸とカムの合いマークがズレることを気に掛けてられますが、
いただいた写真を拝見して気に為る箇所がございます。
ガバナ軸にカムを固定するEリングはございませんでしょうか!?



拙刑事番から再掲載写真ですが、
S−8場合ではガバナ軸にカムを固定するEリングが挿してございます。
SGでの状況が把握できて居りませんので確信ではございませんが、
もし、ガバナ軸にEリングを挿す溝が在り、
ガバナ軸に嵌るカムのガタツキ(遊び)が大きい様子でしたら、
Eリングが抜けて在るが為にカムが正常に機能して居ないことが思われます。
Eリングが挿せるようでしたら試して様子を診てください。
また、これでもカムのズレが起るようでしたら、
ガバナ軸とカムに磨耗など異状を抱えて在るかもしれません。
カムを摘み廻して動かして診て、容易に合いマークがズレるようでしたら、
カムを確りとガバナ軸に固定する処置を検討ください。
(軸とカム内径の間にシムを挿すなど)

また他にも、
 ・ポイントに付くコンデンサーの不全(パンク事象)
 ・バッテリーの不全(過放電:13v未満状態など)
等々、始動不具合に起因する事象はございますので参照下さい。
正常時の基本状態、
 ・バッテリー
 ・点火プラグ
 ・ガソリン
 ・吸気
以上の要素を完調にしてからの整備をお勧め申します。

とりあえずご参考まで〜
もしご覧方で情報をお持ちでしたら、こちら刑事番まで宜しくどうぞ〜♪

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2019年1月1日 過去ログはこちらからどうぞ♪




タイトル
 :メグロSG・
Re 点火時期調整についてコツを教えてください:
投稿者    :脱ビギナーまでまだまだ:  メールアドレス:

 即レスありがとうございます!

御指南いただいたとうり、ガバナーの機能不全でした。
ウッドラフキーが外れていました。
洗浄した時にスプレーで飛んでしまい、そのままキーがないことも気にせず、
組み立ててしまったようです。
現在はしっかり固定され、アクセルを回してもずれていかなくなりました。
ありがとうございました。

早々にタイミングライトでタイミングを合わせてみようと思います。


〜刑事番より〜

 "脱ビギナーまでまだまだ"さんから早速の報告レスで頂きました〜

ポイントカムをガバナ軸に固定するキーの付け忘れ由!
良く在りがちですね〜
当方もワッシャやナットの組込み忘れはしょっちゅう在ります〜笑
外した部品は都度に整理置きすれば良いのですが、
作業に熱中するあまり、ついまんま放置して失念してしまいます。
拙刑事番も自戒といたしましょう〜
先ずは問題解消なようすで何よりでした!

ではでは!
みなさまからのメール、お待ちしております。  
 
 掲載日:2019年1月5日 過去ログはこちらからどうぞ♪






◎ トップページは、こちらから戻り下さい!